<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
*〜ナイルの災難〜*
年末に脚に怪我をしたナイル。
その後の経過をメモしておこうと思った矢先、今度は、角膜潰瘍になって大騒動。
ブログどころではありません。
結局事後報告みたいになりました。

脚の怪我・・・
怪我のため、新年を迎える前にシャンプーも出来ず、年を越したナイル。
始めは傷口が不衛生になってはいけないと、ひっつき包帯を巻いていたのだけど、ゆるすぎるのか散歩中に取れてしまうこと度々。
縫い糸が痛々しいけれど、本人はそれほど気にしていない様子。
食欲も出てきたし、元気になったので良しとしましょう。
そんなこんなであっという間に抜糸の日(1月10日)を迎えました。
ひどい傷だったのですが、画像の通り、とてもきれいになりました。

JUGEMテーマ:ペット
抜糸後

ただ、目のほうは・・・

角膜潰瘍
腕の怪我の際に、見えるほうの目(右目)が涙目が気になっていたので、診てもらったのですが、角膜に傷が付いているとのことで、ずっとヒアレインをさしていたのですが、一向によくなりません。重症の角膜潰瘍といわれ、「眼帯します!!!」って?
犬の眼帯って、皆さん知っていますか?
しゅん膜フラップといって、しゅん膜(まぶたの下の白い膜)とまぶたを縫い合わせるのです(^_^;)

しゅん膜フラップ
わずかな隙間から出来るだけ頻繁に点眼するように指示がありました。
治るまで2週間ほどかかると言われました。
 
パニックになったのはナイルです。
よく見えなくなってはいましたが、いきなり盲目になってしまったのです。
家の中を片付けたものの、それでもいろいろなものにぶつかります。
すぐに動かなくなって・・・

散歩イヤです!
散歩に連れ出してもなかなかトイレを済ませてくれません。
1時間以上粘っても1回だけなんてざら。
家の中のペットシーツにも無反応。
膀胱炎になっちゃう〜〜と、わたしがおろおろしてしまいます。
機会があるごとに外に連れ出すのですが・・・
 
そして、この間の大雪。
はじめは雨。高速の高架下で粘ること1時間半、あっという間にあたりは真っ白。
大通りは渋滞が既に始まっていて、すぐそこにマンションが見えるのに帰れません。
大回りをして自宅へ帰りました。
しかし、公園は雪が積もっているのでトイレのために高架下に何度も通いますが、思い通りには済ませてくれません。
どうしたらいいだろう?と、気持ちは焦る、焦る。
ほとほと困り果てていたところ、やっと昨日の朝(16日)ペットシーツにおしっこを。
バンザイヽ(^o^)丿です。
おしっこをしてくれて、こんなにうれしいなんて・・・うれし泣きです。

っていうのが先週までの顛末でした。

17日の診察でまだ眼帯はとれていません。
ナイルは、眼帯生活から、1週間ほど過ぎたあたりから、少しずつ家の中でも冒険するようになって、昨日今日は、穏やかに晴れた公園でゆっくりですが歩けるようになりました。
早く眼帯が取れるといいのですけど…


| 事件 | 15:59 | comments(0) | - |
*〜地震 恐怖体験〜*
午後10時半の今、まだまだ混乱しているようです。
帰宅できた私はラッキーなのかもしれません。
電車は全線不通のなので、多くの同僚が会社に残っています。
が、帰ってきてもテレビは受信不能、ヒーツ運転不可のようでお湯が使えません。
情報は、USTREAMからの配信に頼っています。

生まれて初めてこんなにすごい地震を体験しました。
自分では、冷静でしっかりしているつもりでも、あたふたするだけで何とも不甲斐ないです。
会社は東京中央区にあるのですが、地震発生直後、お台場付近から黒煙が上がっているのを見て、ああ、とんでもないことになってるかもって嫌な予感はしていました。

そして、今どんどん、新しい情報が入ってきていますが、仙台市でおぼれて亡くなったと思われる方の遺体が200〜300人見つかったという・・・もうこれ以上被害が広がらないよう願うばかりです。

我が家は、幸いみんな元気。ありがたいと思わなくては。


| 事件 | 22:28 | comments(2) | - |
*〜置き去りにされたナイル〜*
*〜ナイル〜*
JUGEMテーマ:ペット


今朝の出来事!
そろそろ朝散歩から帰ってくるかなと食事の支度をしていると、番犬くんから「ナイルがいなくなった!」と電話。「マンションのほうに戻ってくるかもしれないから、上からナイルがいるかどうか見て!」と。
18階から、目を凝らしてみてもナイルらしい姿は見えない。公園のほうに目をやってみても、ナイルは見当たらない。あわてて、わたしも公園に直行。

隣の公園なのですが、番犬君は散歩に車を使うのです。ちゃんとナイルが乗ったかどうか確認しないまま、発進して、マンション駐車場で降ろそうとして、いないことに気づいたようです。
番犬君もすでに公園を何周かしているし、私も加勢したものの、呼び声に全く反応なし。
2手に分かれて、ひょっとしたら、迷い犬で届けがあるかもしれないからと、私は、交番に。番犬くんは、車の後を追ってきている可能性が大なので、もう一度車の経路を・・・)必死の捜索を続けました。そうしたら、どうでしょう!マンション地下の駐車場にひとりで戻ってきていたのです。
本当に怪我もなく、無事で・・・涙がでそうでした。

車の経路は、4目通りも通るし、朝のラッシュで車の数も半端じゃありません。本当に事故もなく戻ってこれたなんて、運がよかったとしか言いようがありません。

番犬君の不注意で朝から、とんだハプニング。
ナイルもどんなに不安だったか。
帰巣本能があるとはいえ、車の後を追うナイルの姿を想像しただけで、胸がいっぱいになります。

追記:駐車場で見つけたとき、番犬君は感動の再会があるのかと思ったらしいのですが、ナイルは、不信感で動こうとしなかったらしいです・・・当然でしょう!
| 事件 | 21:50 | comments(0) | - |
*〜犬と飼い主の性格〜*
毎晩9〜10時頃、セティ&ナイルを連れて散歩に出かけます。
この子達の一日の最後の散歩です。
そんな時間に!?って思われる方多いかもしれませんが、わんこ連れで散歩している人は結構います。

で、昨晩のこと。
公園に入るなり、近所でも評判の悪い柴犬がいることに気づいたので、柴犬のいるほうを避けて、セティ&ナイルを誘導して歩いてました。
ところが、目聡いナイルが犬の気配に気づき、駆け寄って行きました。
友達かと思ったのかな?
でも、時々会う怖〜い犬だとわかって、数メートル手前で固まってしまいました。
その柴犬には、会う度に歯を剥いて唸られるので、ちゃんと覚えているんです。
私は、ナイルを必死に呼ぶのですが、なかなか戻ってきません。
距離を置いたまま、柴犬から目をそらさず、動きません。
柴犬を挑発しているようにも見えなくもありません。
飼い主さんのいらいらが伝わってきます。

ナイルを呼びつつも、飼い主さんに「ごめんなさい!」と声をかけましたが、それと同時に罵声を浴びせられました。
そのときの様子が尋常ではありません。ひとりでず〜と怒鳴り続けているのです。
こうなったら、何も言わないのが賢明と思い、ナイルを呼び戻してさっさと退散しました。

実は、一昨日の夜、公園を出るときはリードをつけるのだけど、ナイルが猫を見つけて追いかけ、リードをつける間もなく、公園の出口で例の柴犬に鉢合わせになったのです。
ナイルは、吠え立てるでもなく、駆け寄った相手が例の柴犬とわかって、じっとしていました。しかし、飼い主さんにしてみれば、不快に違いないと思い、このときももちろん謝まりました。そして、怒鳴られました。

この危険な柴犬、犬も噛むし、人も噛みます。
子供の手を噛む流血事件を起こして警察沙汰にもなりました。
わたしも、すれ違った男の人の足元に噛み付くのを目撃しました。
ズボンの裾だったから、このときは事なきを得たようですが。

この飼い主さんとは、現在のマンションにお引越ししてきて以来の顔見知り。
わが子同然の飼い犬が、人を噛む様な事件を起こして、気の毒に思っていました。
よその子を噛まないように気を使っていること(当たり前ですね!)も重々承知していし、他のワンちゃんや飼い主さんが楽しそうに遊んでいる傍らで、自分の犬だけ自由に遊ばせてあげられないもどかしさを思うと、何だかかわいそうにも思ったものです。
もともと明るいとはいいがたい飼い主さんだったけど、事件以来なんだか性格が変わったような気がします。

私たちみんな、自分の飼い犬を守るためと無用な衝突を回避するために、例の飼い主と柴犬を避けて近寄らなくなりました。その結果、公園では孤立状態。
そういう状況が、ますます感情的に悪循環になっているのかもしれません。

近頃、会っても挨拶もしなくなるし、どうなっちゃったんだろう?
って思ってた矢先のことでした。


seti&nile
| 事件 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |